脳神経外科 神経内科 整形外科

脳神経外科

脳梗塞、脳内出血などの脳血管障害をはじめ、生活習慣病(高血圧症、高脂血症、糖尿病)の診療、治療を行っています。
特に生活習慣病は脳卒中と密接に関係しており、予防・管理が大切です。
これらの生活習慣病の改善のサポート等も行なっております。
頭痛・めまい・しびれ・物忘れ・頭のけがなど、どんなことでも遠慮無くご相談ください。

脳出血

脳の血管の一部が破れて脳内に出血を起こします。脳内出血の原因として最も多いのは高血圧症です。
生活習慣や食事など、予防に対するご相談もおこなっております。
気になることがありましたら小さなことでもお気軽にご来院ください。

脳梗塞

血栓や塞栓によって脳の血管がつまってしまい、栄養が行きわたらなくなり脳細胞が死んでしまう疾患です。
脳卒中の中でも一番かかる人が多い疾患です。障害の場所によっては、手足の動きに重要な場所であれば手足の麻痺につながったり、言語に重要な場所であれば言語障害が出る場合があります。

くも膜下出血

くも膜下腔内に出血が起こした状態がくも膜下出血です。突然激しい頭痛を伴い、意識障害を起こすことも多いです。
再出血の可能性も高く大きな危険を伴う病気です。

神経内科

神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気を診る内科です。 症状としてはしびれやめまい、うまく力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、かってに手足や体が動いてしまう、ものわすれ、意識障害などたくさんあります。
神経内科でどのような病気か診断することが大切です。

主な診療疾患
頭痛、認知症、てんかん、パーキンソン病など。

整形外科

一般外傷による創傷処置、やけど、ひょうそう、骨折及び老化の原因となる骨粗しょう症、外傷による骨折、肩こり、腰痛、神経痛の原因である背椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などの診療を行います。
小さなことでもお気軽にご相談ください。

変形性脊椎症

加齢により生じるもので、軽症なものは無症状のことも多いです。椎間板と後方の左右一対の椎間関節が退行変性した状態を言います。 椎間板が変性するとその異常な動きを止めるように骨棘(ほねのとげ)が形成され慢性の疼痛や可動域制限が生じたり、神経根症状が出ることもあります。

椎間板ヘルニア

腰や臀部が痛み、下肢にしびれや痛みが放散したり、足に力が入りにくくなります。背骨が横に曲がり、動きにくくなり、重いものをもったりすると痛みがつよくなることがあります。 椎間板は線維輪と髄核でできていて、背骨をつなぎ、クッションの役目をしています。その一部が出てきて神経を圧迫して症状が出ます。椎間板が加齢などにより変性し断裂して起こります。

脊柱管狭窄症

神経の通り道である脊柱管が狭くなるために神経が圧迫されて坐骨神経痛が生じる病気です。
背骨と背骨の間の椎間板が老化し、変性してくると背骨の関節にひずみが生じ、背骨の関節や靭帯(じんたい)が分厚くなることにより脊柱管が狭くなると考えられています。
もっとも特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状はありませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、ふとももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。
下肢のしびれや痛みなど違和感がありましたら、早めにご相談ください。

担当医の紹介 担当医の紹介

医 師  秦 才賢  はた さいけん

当院ではCTを完備しており、細やかな検査が可能です。
脳梗塞、脳出血、変形性脊髄疾患に対する診療に力を入れております。頭痛や違和感程度のことでも大病のシグナルという場合もあります。気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

経歴

  • 昭和41年 4月 
    順天堂大学 研修生
  • 昭和44年 4月 
    順天堂大学 脳神経外科学講座 専攻生
  • 昭和52年 4月 
    順天堂大学 脳神経外科学講座 講師
  • 昭和52年 9月 
    順天堂大学にて 医学博士の学位授与
  • 昭和53年 4月 
    順天堂大学 脳神経外科学講座 医局長
  • 昭和57年 5月 
    秦脳神経外科 開設

資格・所属学会

  • 医学博士
  • 日本脳神経外科学会 専門医・評議員

上へ
下へ